忍者ブログ
日々の活動を記録!!! よければ、ツイッターフォローお願いします。右側にボタンをつけました。よろしくお願いします。

ブログ内検索

最古記事

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

役人と議員の関係

 本来、役人というのは議会で決められた仕事を忠実に行っていくために中立性を求められています。

 名古屋においては、議会は役人が提出した案を承認するだけの機関と成り下がっています。そのために、議員提出案件は、その大半が、国に対する意見書で、まともに何かを自分たちで決めていることは何もない状況です。
 
 その意見書にしても、国は何かしてくれ、補助金をくれなどといっているかのようで見苦しいことこの上ない。

 ニュースで取り上げられて話題になっているようなことを意見書にして送りつけているようなもの。いかにも仕事をしてますよ。といわんばかり。

 意見書を送りつけて、何とかしてくれというより先に、議員という権力も氏の税金を動かす力も持っているのであるから、自分たちでできることを議案としてだせばいいものをと思うしだいです。

 選んだのは市民という意見もあるが、公職選挙法、政治資金規正法などの制限により選べない選挙が恒常化しているという事実がある。8年前の市長選がいい例だろう。

 行政の目的というのが「幸福の追求」といういくら金があっても成し遂げることのできないものである限り、有限の資産を役所の拡大を許さないために市民の代表がいるのだと憲法の先生が言っていた。まさにそのとおりだと思う。

 自分たちの仕事の意義も目的も自覚していない議員は総入れ替えして、醜いほど膨れ上がった役所をリストラするときが来ていると思う。

 今やらなければ、国も借金だらけ、市も借金だらけ、おいしい思いをするのは役人だけ、財政破綻したとしてもその付回しだけが市民に来ることは目に見えている。

 市長が変わったこの機会に市議会も総入れ替えのときだと思う。

 こちらもみてね。

人気ブログランキングへ
PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

税金の使い道2

選挙に関して、一般人には法外な供託金没収をたてに、立候補を制限し、民主主義に封印をしてきた。 私が今見ている市議会議員選挙において50万円の供託金が必要とされる。50万円...

天は自ら助くる者を助く

ことわざや昔話などは人にあるべき道を教えます。 役人はこうしたものをまったく無視した事をします。よく「役所の常識は世間の非常識」という話をします。 無責任というのが当たり前...

ドラゴン桜外伝・エンゼルバンク    役所は税金の搾取機関

今の役所は税金の搾取機関というのはもう公然の秘密のようですね。 昨日、ドラゴン桜外伝・エンゼルバンクというのを読みました。ドラゴン桜自体全部読んでないですけど、頭のいい人...

フリーエリア

フリーエリア

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
メルマガ登録・解除
名古屋市はじめ行政の圧制から身を守る方法
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

アクセス解析

バーコード

フリーエリア

プロフィール

ツイッターフォロー

リンク

カウンター

Copyright ©  -- 名古屋市はじめ行政の圧制から身を守る方法 --  All Rights Reserved

 / Design by CriCri / Photo by Claudia35, hofschaeger / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ