忍者ブログ
日々の活動を記録!!! よければ、ツイッターフォローお願いします。右側にボタンをつけました。よろしくお願いします。

ブログ内検索

最古記事

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

トワイライトスクール民間委託へ

 私が2年ほど前からいっていたことがやっと正されるようになりそうです。この件は私が裁判をはじめて、某市議のところにいったときにいったことがきっかけなのかホームページに書いたことがきっかけなのか、議会の質問にあがっていた。
 
 あまりにも遅すぎ。市長が代わっていなければいまだに代わることもなかったであろう。
 
 トワイライトスクールの天下り教員OBのコストの異常な高さはデータからも明らかで単純計算でも民間の三倍のコストがかかっています。費用の徴収がつきに数百円ということなので負担している人にしてみれば安くていいということになりそうです。

 しかし、税金での補填分が以上に高い!!それは最終的に子供たちの税金になります。市は黒字経営をしているわけでなく、借金経営でその原因は役人のコスト高にあります。

 もちろん、議員の費用も含まれますが、ここの役人に対してもやはり費用は高い。加えて、すべてとは言わないが、かなりの人数が仕事をしない。もしくは、仕事をいかにサボろうかといったことを考えているように見えること。

 身分保障があって、給料が仕事をしてもしなくても変わらないということになれば、社会主義国と同じで、生産性はよくなるはずはない。いずれ滅ぶということ。

 折につき書いていることだが、その尻拭いはすべて納税者で、役人は誰も責任を取らないし、取る気もないということ。だからこそ、なにをするにしても個人名は出さないし、[組織として]という言葉でごまかす。

 市民に借金を作れるだけ作らせ、自分たちは懐に金をがっぽり入れて知らん顔、国も地方も名古屋市も責任だけ国民、市民に取らせる体制というのを改めなくてはいけない。

 化け物となった行政を退治するモンスターハンターに手をあげてくれる人の連絡を願う。一緒に化け物退治をしましょう。みんなでやればできる。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 こちらもみてね。
PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

本来あるべき姿

役所は搾取期間であることは書きました。もともと互助機関であるべきものが大きくなることと憲法の縛りが有名無実であることを利用して身内の利益になるように役人らが仕組んできた....

フリーエリア

フリーエリア

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
メルマガ登録・解除
名古屋市はじめ行政の圧制から身を守る方法
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

アクセス解析

バーコード

フリーエリア

プロフィール

ツイッターフォロー

リンク

カウンター

Copyright ©  -- 名古屋市はじめ行政の圧制から身を守る方法 --  All Rights Reserved

 / Design by CriCri / Photo by Claudia35, hofschaeger / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ