忍者ブログ
日々の活動を記録!!! よければ、ツイッターフォローお願いします。右側にボタンをつけました。よろしくお願いします。

ブログ内検索

最古記事

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

いじめの構図

[カムイ伝] ブログ村キーワード
  参加表明フォームこちらです。携帯はサイド部分が表示されないため、つけております。
 明日発送予定のメルマガを書いていて、ふと思いました。

 いじめというのはそもそも役所が作っているということ。現代においては、役所はいらんことをして自分たちが太り、国民を苦しめることによりいじめの構図が成り立っています。

 国民一人ひとりは小さなものですので、大人数でよってたかってすき放題することにより、いじめているというのがそのやり方です。

 特に、すき放題やっていることに対して、わかっている人、指摘する人そうした人には特に。集団リンチってやつですね。

 悪いことは伝染しやすい。集団になると自制心のきかないものがでてくる。役人は特に、トラの威をかるというやつで一番たちが悪いものの部類に入るだろう。

 前時代においても、差別階級というものを作って集団でいじめをさせることにより、農民のストレスのはけ口にしていたという歴史があります。

 この点については、「カムイ伝」(カムイ外伝ではありません)
に詳しく書かれています。今は、逆差別になっていますけどね。この本を読むまで、小学校の社会で少し階級について触れられていただけです。(アマゾンから調べてみましたが、今はこんなのしかないんですね。)

 お上というのはいつも民衆を苦しめるものです。統制する側を取り込んでしまっていますから、民主主義の皮をかぶった封建社会といったところでしょうか。

 テレビでも市民の声が届かない。地域委員会ができれば、要望していたことが実現するかも。と、期待と現状の制度での立場を失うかもという不安を語っていました。

 地域委員会において、必要なことを決め、執行していく権限を持てば、いよいよ役所の不要となる部分を切り捨てる必要が増していくでしょう。そうすることによって、さらに地域に必要としている金がまわっていくことになります。

 議員の定数削減、役所の部署の削減、必要な部署など大してあるはずがありません。事務部門もそれほど必要とは思えません。

 もともとが本庁舎だけだったんだろうから、もともとの人数と大きさに戻せばいい。

 役人の総数より、市民の総数のほうが多いのだから、結束して役所を切り刻まないと、私たちの生活が成り立たなくなるほど吸い上げられてしまうだろう。

 税金は市民税だけではないのだし。役人が太って、市民が食うに困る状況は明らかにおかしい。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 政治家志望へ
にほんブログ村
 こちらもみてね。
PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

コメントありがとうございます

http://www.ojizo.net/blog/2009/07/happy_to_bully_the_disable.html
へのコメントありがとうございました。

>身分保障を取っ払って、お客の投票でやめさせることができるようになれば、少しは対応がよくなるんでしょうがねえ。

 現実にはそう言うシステムを作るのは難しいでしょう。なんせシステムを作るのは「役所」ですから。

 ただ、私の住む川崎市の市役所職員は、とても親切ですよ。電話の問い合わせでも丁寧に答えてくれますし、窓口の方も非常に親切です。
 いわゆる「民間企業」並といっても良いでしょう。職員教育が行き届いているという感じがします。

 唯一嫌悪感を持ったのが「社会保険事務所」。慇懃ですが、無礼千万です。

 社保庁は解体されますが、次の役所の職員に「懲戒免職された職員」を雇うとか。それも現政権である民主党の応援母体である「連合(自治労ですかね)」の「票」が失われることを恐れてのことだ、というのがちまたの噂です・・・
 「連合」も「民主党」も「アホ」です。
  • from おじぞう :
  • URL :
  • 2009/12/23 (01:17) :
  • Edit :
  • Res

情報

 ちょうど、いじめの対処法の情報商材が出たみたいですので、紹介してみました。

 切実な問題になっている方は多いと思いますので見ていただくことをお勧めします。

<a href="http://officeryo.blog47.fc2.com/blog-entry-22.html">こちらからどうぞ</a>
  • from ももたろ :
  • URL :
  • 2009/12/26 (00:29) :
  • Edit :
  • Res

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

いじめの対処法

 私は子供のころからいじめを見てきて、大人になってもいじめはなくならない。おかしな社会の中に生きていると思ってます。  大人になっ...

いじめの対処法

 いじめはいつまでたってもなくなりませんね。この社会も多数決の民主主義という制度を作ることにより、多数の横暴でいじめをします。  子供たちは学校において、学校の中は先生や職員らのいじめもある。大人の社会も子供の社会もいじめのない床rはないといえるくらいで…

フリーエリア

フリーエリア

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
メルマガ登録・解除
名古屋市はじめ行政の圧制から身を守る方法
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

アクセス解析

バーコード

フリーエリア

プロフィール

ツイッターフォロー

リンク

カウンター

Copyright ©  -- 名古屋市はじめ行政の圧制から身を守る方法 --  All Rights Reserved

 / Design by CriCri / Photo by Claudia35, hofschaeger / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ